読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ学生でいたい。

まだ学生でいたいと思い続けるダメ人間がただ思っていることをだらだらと綴っているブログ。現在、英語を勉強するためにマルタへ留学中。マルタの情報も流していこうと思います。

飛行機の乗り換えってどうすればいいの?入国審査は?日本からマルタへの行き方。

どうも、海苔です。

 

 

今日は、日本からマルタへの行き方をお話したいと思います。

 

そもそも英語を話せないから語学学校へ行くわけで、飛行機なんてそりゃドキドキなもんですよね。僕だけですかね?

僕はマルタに来るのが初めての海外渡航で物凄く緊張しました。

空港でどう話せばいいのかあれこれたくさん考えました。

しかし、ご心配なく。こんな僕でもたどり着いております。

 

僕は大阪に住んでいるのですが、成田から飛び立つことに決めました。その方が安かったんです。そして、成田からターキッシュエアラインでイスタンブール(トルコ)へと飛びました。

関空からイスタンブール行きが撤退したので関空からとなるとドバイ経由でしかマルタへ行けません。

成田からならドバイ経由かイスタンブール経由が選べます。

ちなみにイスタンブール経由の方が安いです。イスタンブールではテロがあるので、その関係かと思われます…。

 

正直、飛行機の検索や経由の選択等々色んな方がネットで書かれているし、検索すればすぐにわかると思うのでほとんど省きます。問題は行き方なんですよね。飛行機に乗って、また乗り継ぎはどうしたらいいかなんですよね。その情報がほとんどない。私は困りましたとも緊張しましたとも。

 

成田まではみんな日本人なのでとりあえず聞けばなんとでもなります。しかし、イスタンブール行きの飛行機に乗ったらもうほとんど外人。日本語を喋れる人も同乗はしておりますが、ほとんどの人が話せません。さぁ緊張しますよね…。

 

しかし、ご心配なく。話すことなんてほとんどありません。機内食もメニューがあるので指をさせば、もらえます。また飲み物も飲み物の名前を言えばもらえます。もし通路側ではなく、トイレに行きたいときも隣の人にsorryと言えば通してもらえます。

 

そして、イスタンブールに着きました。

さぁ乗り換えはどうするのだ!?

簡単です。ただ時間になれば、航空券に書かれているゲート番号のとこに行くだけです。本当にそれだけです。

預け荷物はそのまま乗ってきた飛行機から次に乗る飛行機へと航空の方がうつしておいてくれます。なので、荷物は手持ちだけです。

 

本当にこれだけでマルタへ行けます。何も深く考えないでください。ただそれだけなんです。

 

次にマルタへの入国審査ですが、人によります。僕は、最初何を聞かれているのか全くわかりませんでした。なので、とりあえず語学学校での申し込んだ詳細の紙を渡すと物事が全て上手くいきました。きっとどれくらいマルタにいるのか、目的は観光なのか英語を勉強するためなのか、滞在場所はどこなのか等を聞いていたんでしょうけど、語学学校に申し込んでいる人ならばそれらが全て記載されている紙があるはずなのでそれを渡せば早いです。瞬殺です。

 

また人によるというのは、パスポートだけ見せて、何も聞かずに通す人もいるということです。マルタはゆるい方なんだと思います。

 

 

きっとドキドキの飛行機で、どうすれば良いのかわからない人は多いはず。

けど、実際はこんなものです。ある意味何もしなくていいです。ただこれだけでマルタへ行けるので、深く考えずに動いてみてください。

 

 

今日はこのへんで。

さらば。

f:id:hamu_nori:20170417005324j:image