読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ学生でいたい。

まだ学生でいたいと思い続けるダメ人間がただ思っていることをだらだらと綴っているブログ。現在、英語を勉強するためにマルタへ留学中。マルタの情報も流していこうと思います。

海外に来れば、英語が話せるは間違い?英語なしでも海外で生きていける?留学のための勉強方法。

どうも、海苔です。

 

 

正直、誰しも海外に行けば、英語が話せるようになると思いますよね。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはありません。

 

はっきり言えば、英語を話せなくても海外では生きていけます。

例えば、買い物に行ったとしましょう。何か欲しいものがあれば、その物を指差して、This This,Pleaseといえばそれで買えます。お金もわからなくても少し多めに出せば払えます。単純なことですよね。

また語学学校に行けば、必ず日本人はいます。少ないと言われてる場所でも必ずいます。もしその人がある程度できたとしましょう。その人が全部助けてくれるでしょう。なので、英語を話せなくても海外では生きていけます。

 

また海外に来る前にも勉強が必要です。
基礎ができているのとできていないのでは圧倒的な差です。僕の知り合いの日本人でも2ヶ月いているのにほとんど喋れない人がいます。その人は圧倒的に勉強不足なんですよね。何も知らなさすぎます。ある程度は聞き取れるようになっているとは思うのですが、文法や単語を知らなくて、聞き取れているのに意味がわかっていないことが多いです。

 

何が必要なのかと言えば、中学高校英語です。

え?簡単じゃね?と思われる方もいると思いますがとても大切です。大学受験のセンターレベルまで勉強できていれば、単語や文法面は問題ないと思います。むしろとても優秀です。海外では、難しい表現を使いません。会話の英語はほとんど中学英語で問題ありません。

 

では、海外に来て、どう勉強するの?
もちろんSpeakingとListeningです。
授業や友達との会話で伸びます。
日本の英語の教育法は、GrammarとReadingが中心です。なので、他国よりこの分野は圧倒的に長けています。しかし、圧倒的にSpeakingとListeningは劣っています。他国の英語の教育法は、SpeakingとListeningが中心となっています。なので、他国の人たちは、分野や単語をあまり知らないことが多いですが、よく喋り、こちらが喋ることもよく理解しております。
よく他国の人たちに「日本人は問題を簡単に解くのに、なぜ喋らないし、理解できないの?」聞かれます。これは完璧に日本の英語教育法のせいです。

 

では、来る前にSpeakingやListeningを重点的にやったほうが良いのでは?
確かに間違いではありませんが僕は文法や単語をさらに伸ばすことをオススメします。

 

なぜ?
まず日本の英語教育法がGrammarやReadingが中心なんですよ。きっと皆様はその制度で育ってきています。確かに僕は日本のこの教育制度は良いと思いません。しかし、現状はこれなので、ならばその強みをさらに伸ばせば良いのです。

また日本でSpeakingやListeningが伸ばせるのであれば、なぜ海外に来るのですか?日本で十分ではないですか?実質、日本ではなかなか難しいと思います。なので、留学に来るんですよね。

 

正直、海外に来て、1週間ぐらいは何もわからないと思います。僕はわかりませんでした。けど、日が経てば、なんとなくわかってきます。耳が慣れてくるんですよね。そこで慣れてきたところで文法や単語、イディオムと言ったものを知っていれば、簡単に理解でき、またすぐに言葉にも出せるようになります。

 

しかし、日本で学ぶ文法が間違っていることもあります。例えば、I'm going to beとI willの使い分けはできますか?日本では同じ意味として教えられますよね。しかし、意味は少しばかり違ってくるんですよ。僕は海外に来て、初めて知りました。それは間違っててもいいと思います。海外で学んで、正していけば良いです。でも、一般会話を英語ではどのように言うのか調べておくのも良い方法だと思います。

 

 

海外に来ても自動的に話せるようになるわけではありません。これは僕の後悔でもあります。マルタに来る前に全く勉強しておらず、忘れていることがたくさんで勉強してくればよかったと後悔しています。


なので、僕のオススメは中学高校英語をやること。これだけで留学の意味が全く変わると思います。

 

オススメの教材として
Next stage

f:id:hamu_nori:20170417214830j:image

 

やっておきたい英語長文300と500
(700や1000もあるのですが、長すぎるので必要なし)

f:id:hamu_nori:20170417214848j:image

 

シス単

f:id:hamu_nori:20170417214900j:image

 

この三つで十分です。
ちなみに僕が大学受験の時に重宝してた教材です。これとセンターの過去問だけで、センター8〜9割は余裕です。受験生にもオススメします。

 

あくまで個人の意見なので参考になるかどうかわかりませんが、よかったら試してみてください。

 

 

では、今日はこのへんで。
さらば。

f:id:hamu_nori:20170417215118j:image

飛行機の乗り換えってどうすればいいの?入国審査は?日本からマルタへの行き方。

どうも、海苔です。

 

 

今日は、日本からマルタへの行き方をお話したいと思います。

 

そもそも英語を話せないから語学学校へ行くわけで、飛行機なんてそりゃドキドキなもんですよね。僕だけですかね?

僕はマルタに来るのが初めての海外渡航で物凄く緊張しました。

空港でどう話せばいいのかあれこれたくさん考えました。

しかし、ご心配なく。こんな僕でもたどり着いております。

 

僕は大阪に住んでいるのですが、成田から飛び立つことに決めました。その方が安かったんです。そして、成田からターキッシュエアラインでイスタンブール(トルコ)へと飛びました。

関空からイスタンブール行きが撤退したので関空からとなるとドバイ経由でしかマルタへ行けません。

成田からならドバイ経由かイスタンブール経由が選べます。

ちなみにイスタンブール経由の方が安いです。イスタンブールではテロがあるので、その関係かと思われます…。

 

正直、飛行機の検索や経由の選択等々色んな方がネットで書かれているし、検索すればすぐにわかると思うのでほとんど省きます。問題は行き方なんですよね。飛行機に乗って、また乗り継ぎはどうしたらいいかなんですよね。その情報がほとんどない。私は困りましたとも緊張しましたとも。

 

成田まではみんな日本人なのでとりあえず聞けばなんとでもなります。しかし、イスタンブール行きの飛行機に乗ったらもうほとんど外人。日本語を喋れる人も同乗はしておりますが、ほとんどの人が話せません。さぁ緊張しますよね…。

 

しかし、ご心配なく。話すことなんてほとんどありません。機内食もメニューがあるので指をさせば、もらえます。また飲み物も飲み物の名前を言えばもらえます。もし通路側ではなく、トイレに行きたいときも隣の人にsorryと言えば通してもらえます。

 

そして、イスタンブールに着きました。

さぁ乗り換えはどうするのだ!?

簡単です。ただ時間になれば、航空券に書かれているゲート番号のとこに行くだけです。本当にそれだけです。

預け荷物はそのまま乗ってきた飛行機から次に乗る飛行機へと航空の方がうつしておいてくれます。なので、荷物は手持ちだけです。

 

本当にこれだけでマルタへ行けます。何も深く考えないでください。ただそれだけなんです。

 

次にマルタへの入国審査ですが、人によります。僕は、最初何を聞かれているのか全くわかりませんでした。なので、とりあえず語学学校での申し込んだ詳細の紙を渡すと物事が全て上手くいきました。きっとどれくらいマルタにいるのか、目的は観光なのか英語を勉強するためなのか、滞在場所はどこなのか等を聞いていたんでしょうけど、語学学校に申し込んでいる人ならばそれらが全て記載されている紙があるはずなのでそれを渡せば早いです。瞬殺です。

 

また人によるというのは、パスポートだけ見せて、何も聞かずに通す人もいるということです。マルタはゆるい方なんだと思います。

 

 

きっとドキドキの飛行機で、どうすれば良いのかわからない人は多いはず。

けど、実際はこんなものです。ある意味何もしなくていいです。ただこれだけでマルタへ行けるので、深く考えずに動いてみてください。

 

 

今日はこのへんで。

さらば。

f:id:hamu_nori:20170417005324j:image

留学で日本人と絡まない方が良いのか悪いのか。

どうも、海苔です。

 

 

最近、更新が滞っています。マルタでの生活を楽しみすぎております。

 

海外に留学するということは皆さん、その国の言葉を勉強したいからですよね。まれに観光をしたいという人もいますが…。

そうなるとやはりその国の言葉を勉強するためなのだから日本語を喋ってはいけない、日本人と絡まないぞ!と心に決めて来られる方が多いと思います。

 

結論から言うとそれは間違いだと思います。確かにずっと日本人といて、日本語しか喋らないのもおかしな話ですが、是非、海外でも日本人と絡んで欲しいと思います。

 

まずその国の言葉を勉強したいと同じ気持ちを持った日本人、ましてやそこの地で会える日本人ですよ。同じ考えを持った人なのに友達にならないのはもったいない。海外の生活や海外の友達も貴重な財産ですが、その地で出会った日本の友達も貴重な財産ですよ。

 

そして、自分より先にいる日本人の方はその地で生活しているのだからその地の情報を多く持っています。なにより詳しく聞けるのは同じ日本人同士です。

またその国の言葉を上達している方も多いので、文法や単語、スラングといった多くのことを詳しく聞くこともできます。

 

僕も一ヶ月マルタで過ごしていますが、たくさんの日本人の方にお世話になりました。たくさんの思い出もあり、これ以上にないくらい感謝しています。帰って行った方も必ず日本で会おうと思っています。

 

これから留学される方はどこの国かわかりませんが、是非、日本人とも友達になってください。かけがえのない思い出、親友、たくさんの財産ができます。

 

 

今日はこのへんで。

さらば。

 

Twitter→hamu_nori_Malta

 

f:id:hamu_nori:20170411235158j:image

 

マルタでスマホはどうすればいいの?マルタでの携帯事情。

どうも、海苔です。

 

 

今日はマルタではスマホをどうしているかについて話したいと思います。

 

 

 

私は現在、iPhone5s(古い)所持しており、日本ではauで契約しておりました。

こっちに来る時にauで利用一時休止手続きをして、解約状態できております。

 

ちなみに一時休止はdocomoauは行われているみたいです。auは申し込みで2,000円と月々に318円かかるみたいです。

 

 

では、マルタではどう過ごしているの?ということですが、マルタではいたるところにWi-Fiが通っており、それを利用して、今は生きています。

 

例えば、語学学校や寮はもちろんWi-Fiがあります。またスーパーやレストランなどの施設にもWi-Fiはあります。そして、普通の野外の公園にも通ってるんですよね。

ということで何の契約もなく、Wi-Fiのあるところだけで生活している状態です。

 

 

しかし、問題は色々とあります。Wi-Fiが繋がっていないところでは使えないので連絡があまりとれず、困ることもしばしば…。

 

 

 

それを解決するのがSIMフリースマホです。

 

マルタではvodafoneとgoという会社が携帯電話を主に取り扱っている会社でどちらもSIMが買えます。SIMを買って、その場で何GB使いたいか選択し、その料金を払うという形です。

だいたい1ヶ月3GBで15ユーロ(1,785円/1ユーロ119円)ぐらいだったと思います。

 

またスマホを買うことも可能です。安いので100ユーロ(11,900円)しないぐらいでしょうか。また電話とメッセージだけでいいならガラケーもどきのようなものが40ユーロ(4,760円)で買えます。

 

 

私も本当はSIMフリースマホが欲しかったのですが、買う時間がなかった…。iPhone5sSIMフリーにしようと思ったらできなかった…。iPhone6からSIMフリーにできるようです…。

 

なので、こっちで安いスマホを買おうか迷っているところですが、なんやかんや生きていけるので必要はないかなとも思っております。

 

 

常に連絡を誰かととりたいのであれば、SIMフリースマホを持ってくることをオススメします。

 

 

 

それでは今日はこの辺で。

さらば。

f:id:hamu_nori:20170403072633j:image

日本食最強説!

どうも、海苔です。

 

 

今日はマルタでの個人的な食生活について話したいと思います。

 

僕は語学学校の寮に住んでいるのですが、ほとんど毎日自炊をしております。ろくなものは作れませんが。

 

いろんな国が集まっているこの寮で各国の手料理を食べないわけにはいかない。みんなに作ってもらいますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どれもそんなに美味くない。

 

単純に僕のわがままか味音痴かもしれませんがそんなに美味しくないです。各国、下味をつけないんですよね。だから、味は美味しいのに深みがないという感じでしょうか。

 

 

そこで僕が日本料理を作るととても喜んで食べてくれます。同居人のフランス人はしょうゆ味にハマり、何にでもしょうゆわかけようとします。牛丼を作ると皆、ハマってました。

 

きっと甘辛い味が日本独特なもので海外では受けがいいのかと思います。

 

 

ちなみに普段何を作っているのかというとナポリタンなどのパスタやお肉と玉ねぎを焼肉のたれで炒めて、ご飯と一緒に食べるといった生活をしております。

 

パスタが安いのでみんなこぞってパスタを作るので毎日パスタばかりなんて日も…。

 

飽きるわボケェ!

 

その結果、凄く日本食が恋しくなります…。ラーメン食べたい…。 

 

なるべく日本の調味料は持参したほうが良いと思われます。まず食べたくなるし、海外の人は喜ぶしで損はないです。また今度、持ってきてよかったものをピックアップしますね。

 

 

時々、レストランにも行くのですがそれもまた次回にお話します。

 

 

それでは今日はこの辺で。

さらば。

f:id:hamu_nori:20170328232010j:image

 

 

 

マルタでの移動手段は?クレイジーなマルタの交通事情について。

どうも、海苔です。

 

今日はマルタの交通事情について話したいと思います。

 

マルタでの移動手段は基本的にバスと歩きでの移動となります。

バスは乗るのに1.50ユーロ(183円)かかり、払うとレシートが発行されます。

そのレシートで2時間以内であれば何回でも乗車可能です。また距離等も関係ありません。そう考えれば安いもんだと思います。

観光地に行くための移動手段では基本的にバスです。

 

 

またマルタに来たらきっと観光であればホテル、語学学校に通うためならば寮かホストハウスに住むと思うのですが基本的にその過ごす近辺にスーパーやレストランはあると思うので、そこら辺は歩きで移動できます。

 

 

ただ歩きで移動するには少し問題があります…。

 

それは…

 

 

 

 

 

マルタの運転はめっちゃ荒い!

 

マルタでは、車社会で現地民はみんな車を持っていて、それで移動しています。

 

しかし、まぁこれがクレイジー。

みんな我先にと譲り合い精神もあまりなく、バンバンとばして走っています。そのくせして、あまり信号がなく、横断歩道も少ないです。

そのため道を横断するときはまぁ怖い。タイミングが難しい。

 

しかし、マルタでは道を横断するとき止まると逆に危険でまたほとんど誰も譲ってくれず、渡ることがなかなかできません。車が少し近くに来ていても普通に渡れば、そこは考慮して、その車も走ってくれます。それがマルタでは当たり前になっているんですね。

 

道を渡るときは堂々と渡れば良いです。それでも危ないのは危ないので気をつけてください。

 

 

ここでちょっとした報告です。

twitterの方を始めました。

あまり更新はしないでしょうけど、何気ないことを少しずつ呟こうかと思います。良ければフォローよろしくお願いじす。

twitterアカウント→@hamu_nori_malta

 

 

それでは今日はこの辺で。

さらば。

f:id:hamu_nori:20170326030736j:image

マルタは喫煙者にとってどうなの!?マルタの物価について(タバコ編)

どうも、海苔です。

 

この記事を投稿していたのに何故か消えて、とても萎えております。

再度、この記事の内容があやふやになりながら書いております。

 

 

さて、個人的なことは置いておき、今日はマルタの物価についての例外の一部を話したいと思います。

 

その例外が…

 

 

 

 

 

 

タバコです。

 

喫煙者にとって、大事な大事なタバコ。値段はとても気になるところですよね。

日本では大体450円前後で買えると思うのですが、マルタでは5.70ユーロ(695円)ぐらいとなっております

 

 

高すぎやろ!!!

 

また他国に比べてもマルタは高い方みたいで、日本人はもちろん、他国から来ている人もやめようとするかなるべく吸わないようにしている人が多いです。

 

しかし、吸ってしまうんですよね…。

 

 

 

またマルタでの喫煙事情として、屋内では基本的に全面禁煙としてなっております。その代わり外では基本的に吸っても大丈夫です。なので、歩きタバコなんてそこらじゅうにいます。

 

またマルタでは、喫煙者はとても多いです。また他国から来ている方でも喫煙率は高めのように思えます。

 

 

マルタでは喫煙者に優しいのか優しくないのかよくわからないところです…。

 

 

それでは今日はこの辺で。

さらば。

f:id:hamu_nori:20170326032602j:image